熟年離婚の相談が出来るプロとは?

事務所検索(事務所名/地域)

熟年離婚の相談が出来るプロとは?

熟年離婚の相談が出来るプロとは?

「熟年離婚」は20~30代の離婚とは違う?

「子育ても一段落。これからは自分のことだけを考えたい」。これは、近年注目されている「熟年離婚」理由のひとつですが、このように「妻や母親としての役割から開放されたい」と願う女性は年々増えています。

確かに離婚をすれば、夫(や子供)の世話から解放されます。しかし、ここで考えたいのが生活費。というのも、妻の年金だけでは、正直なところなかなか食べてはいけないからです。例えば働くとしても、20~30代ならいざ知らず、熟年層が就職口を見つけるのはかなり難しいといえます。

「熟年離婚」するためにおさえておきたいこと。

一人になってからの生活費を確保するためには、離婚前にある程度の蓄えを確保しておくことが必要です。それが「財産分与」と呼ばれるもので、婚姻期間中、夫婦で築いてきた資産(現金、預金、車、家具、不動産(土地・建物)、生命保険金、有価証券(投資信託)、退職金、年金など)を精算して、夫と妻で分けることを指します。また「年金分割」も可能になりましたが、分割されるのは、あくまで厚生年金部分のみ。ですから夫が自営業で、厚生年金に加入していない場合は、分割できる年金はないことになります。逆に妻が厚生年金に加入していれば、妻の厚生年金が夫に分割されることもあるわけです。

熟年離婚を有利に導く「法律の専門家」を見つける。

「財産分与」「年金分割」など、熟年離婚に欠かせない交渉には、離婚に詳しい弁護士や法律専門家に依頼するのがおすすめです。よい専門家の見つけ方としては、「ヒアリングが丁寧で、相談者の不安や悩みに対し、真摯に応えてくれる」「不利な点がある場合は、きちんと指摘してくれる」「専門用語を多用せず、依頼人にわかりやすい言葉で説明してくれる」といった点をチェックしましょう。

返済不能な債務を抱えた人の救済措置である。「自己破産」は地方裁判所に申し立てを行い、債務者の資産(保険の解約、不動産や車の売却、支払い見込みの退職金の一部組み入れほか)を債権者に分配。残る借金は全額免除にします。

「熟年離婚」前にお金を確保しておくことは必要ですが、それを可能にするには、まず頼れる法律専門家との出会いが大切であることをお忘れなく。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る