離婚した妻が再婚した場合の年金分割を考える

事務所検索(事務所名/地域)

離婚した妻が再婚した場合の年金分割を考える

離婚した妻が再婚した場合の年金分割を考える

離婚した妻が再婚。彼女に自分の年金は必要ない?

熟年離婚の増加で、同時に「年金分割」を行うカップルも増えています。年金分割とは、婚姻関係を解消した場合、それまで婚姻関係にあった期間の厚生年金を、当事者間の話し合いや裁判によって分割請求することができる制度です。例えば専業主婦の場合、離婚後も、夫の年金が支払われます。また夫が分割を拒否しても、家庭裁判所に申し立てれば、妻は年金取得の権利を認められます。

では、妻(夫)が再婚したら年金分割はどうなるのでしょう? 「再婚したのだから自分とは関係ない。元妻(夫)に年金を支払う必要などないじゃないか」と思われる人も多いかと思います。しかし、配偶者が再婚しても、年金分割はそのまま行われるのです。

見ず知らずの人間が年金を受け取る?

「理不尽だ」と感じるかもしれませんが、年金というのは「婚姻していた期間の厚生年金が支払われる」わけですから、離婚後、元配偶者、例えば妻が再婚しても、一旦分割した年金は元夫に返ってきません。また、これはお互いのどちらかが死別しても解消されません。元夫が死亡したら年金は生存する元妻の元へ支払われます。元妻が死亡し、元夫が生存中であれば、その年金は妻の新しい家族に入ることになります。

離婚した相手のためを思って年金分割をしたはずが、新しい配偶者、その子供に使われるというのは、正直なところ面白くない話ではあります。しかし、年金分割制度において、縁もゆかりもない、見ず知らずの他人に年金が行くのは仕方のないことなのです。

「年金分割」を行うなら、まず法律の専門家に相談

年金分割自体、施行されて日が浅い制度ですので、いろいろとわかりにくい点は多いと思います。現在、将来を問わずに離婚を考えているのであれば、本人同士の話し合いで終わらないケースも考えられますので、前もって法律の専門家に相談しておくことをおすすめします。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る