夫の浮気が原因で熟年離婚をした場合、浮気相手から慰謝料はとれるのか

事務所検索(事務所名/地域)

夫の浮気が原因で熟年離婚をした場合、浮気相手から慰謝料はとれるのか

夫の浮気が原因で熟年離婚をした場合、浮気相手から慰謝料はとれるのか

熟年離婚時に慰謝料が請求できる条件

熟年離婚の際、慰謝料を請求できるケースと、そうでないケースがあります。請求できる条件としては「配偶者の浮気や不倫」「DV(ドメスティックバイオレンス)」「家庭内暴力」「家庭に生活費を入れない」「配偶者からの一方的な離婚申し立て」などがあげられます。これに対して「性格の不一致」「夫婦の両方に離婚に至る原因がある」「宗教上の違い」、また「すでに離婚している」「離婚に至っていなくても、すでに婚姻生活が破綻している状態」といった場合は慰謝料が発生しません。

夫が浮気をしており、そのことが原因で婚姻関係が破綻、精神的な苦痛を味わったと認められたのであれば、それは立派な慰謝料請求の対象になります。

夫の浮気は、その相手にも責任が課せられる?

浮気で離婚が成立すれば、夫へはもちろん、相手が結婚していることが分かっていて不倫を働いたわけですから浮気相手にも損害賠償として慰謝料請求することが可能です。

ただし慰謝料を請求する場合には、それをきちんと立証することが必要になります。例えば「夫と浮気相手がホテルに入っていった」などの決定的な写真、留守番電話に録音されていた不倫を思わせるメッセージ、お互いが連絡を取りあっていたことがわかるメールほか、間違いなく不貞行為だと思われる証拠をおさえておかなくてはなりません。

慰謝料を請求するなら、まずは法律の専門家に相談を

夫のみならず、浮気相手からも慰謝料を取りたいと考えているのであれば、法律の専門家、法律事務所に問い合わせることをおすすめします。というのも浮気が原因で離婚する場合、被害者が感情的になりやすく、浮気相手を恫喝するような言動にでると、逆に訴えられてしまうことがあるからです。

ですから行動を起こす前に、まずは法律事務所や専門家に相談し、適切な対処法を教えてもらいましょう。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る