年金分割をプロに頼んだ場合の費用と相場

事務所検索(事務所名/地域)

年金分割をプロに頼んだ場合の費用と相場

年金分割をプロに頼んだ場合の費用と相場

離婚方法によって費用は異なる

ひとくちに「離婚」といっても、「協議離婚」「調停離婚」「審判離婚」「裁判離婚」といった方法があります。夫婦間の話し合い、「協議離婚」でまとまるケースがほとんどですが、状況によっては、家庭裁判所に調停の申立てを行う「調停離婚」、家庭裁判所が調停委員の意見を聴いて、離婚の処分を決定(審判)する「審判離婚」、地方裁判所に離婚の訴えを起こし、裁判によって離婚を成立させる「裁判離婚」が採用されることもあります。
裁判離婚以外は、弁護士への依頼が必須ではありません。しかし、離婚には年金分割をはじめ、財産分与、慰謝料など、様ざまな要素が生じますので、協議離婚であっても法律の専門家に相談したほうがよいケースも少なくありません。なお費用は、離婚方法、案件の複雑さなどに応じて異なります。

年金分割はひとつの「財産分与」

「年金分割」はひとつの財産分与といえます。どの方法で離婚を成立させるにしても、年金分割を行うのであれば、事前に年金情報を取得しておかなくてはなりません。自分で調べることもできますが、法律の専門家に任せるほうが安心です。

その場合の費用ですが、相談料、着手金、報酬金が基本費用になり、離婚方法や相談の内容によって異なります。相談料は数千円が多く、中には無料のところもあります。着手金は30万円前後で、これに報酬金が加わります。ですから離婚成立を法律のプロに頼む場合、年金分割相談のみの費用というより、離婚相談全体の費用を考えたほうがいいかもしれません。

まずは費用の問い合わせを

「離婚問題の法的解決には費用がかかる」と思われるかもしれませんが、「相手とは二度と顔を合わせたくない」といった精神的負担が解消されますし、さらに交渉、調停や裁判対応を一任することもできますので、まずは問い合わせてみることをおすすめします。

【離婚・男女問題】トピックス一覧

ページトップへ戻る