借金状況によって選ぶべき「債務整理のやり方」アレコレ

事務所検索(事務所名/地域)

借金状況によって選ぶべき「債務整理のやり方」アレコレ

借金状況によって選ぶべき「債務整理のやり方」アレコレ

借金の悩みを解決するには、「自己破産」しかない?

景気の低迷により、クレジット会社や消費者金融から借金をしている人は多く、中には収入が返済についていかず、借金が膨らむケースも少なくありません。このような場合、「自己破産しかない」と考えてしまいがちですが、返済には様々な方法があり、自己破産だけが「債務整理」ではないのです。

債務者に応じた返済方法が選択可能

「債務整理」とは借金整理方法の総称です。債務整理には「任意整理」「民事再生」「特定調停」「自己破産」があり、債務者の事情や状況(借金内容、資産内容、収入内容)に応じて、いちばん適した方法を選びます。

「任意整理」は裁判所を通さず、債務者が債権者(貸し主)と話し合い、利息や借金の返済方法、金額を見直すものです。現在の返済方法では無理があっても、収入もありできるだけ借金を返していきたいと考えている人には最適な整理方法といえます。

「民事再生(個人再生手続)」は、「住宅を手放したくない」「自己破産は避けたい」と考えている債務者に最適です。裁判所に申し立てをして、一般的に住宅ローン以外の借金総額の一部を原則3年間で返済します。ただし、住宅ローンを除いた借金が5千万円以下、継続的に一定収入が見込めるといった条件が付きます。

「特定調停」は一定の返済が可能な債務者に適します。簡易裁判所の下、調停委員会が債権者と債務者を仲介。和解協議後に確定した債務に対し、3年間(最長5年)を目処に返済計画を立てます。

「自己破産」は地方裁判所に申し立てをし、資産(不動産や車の売却、保険の解約、支払い見込みの退職金の一部組み入れなど)を債権者(貸し主)に分配、残った借金は全額免除する方法です。返済不能な債務を抱えた人の救済措置といえます。

債務整理をするなら、法律の専門家に相談するのがいちばん。

「任意整理」は個人でも交渉は可能ですが、有利な条件を得るならば、弁護士や司法書士に依頼するのがおすすめ。「民事再生」「特定調停」「自己破産」は手続が難しく煩雑なため、弁護士などに依頼したほうが安心です。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る