債務整理の手続きが有利に運ぶ、専門家への依頼方法

事務所検索(事務所名/地域)

債務整理の手続きが有利に運ぶ、専門家への依頼方法

債務整理の手続きが有利に運ぶ、専門家への依頼方法

「債務整理」は状況に応じて方法を選択する

「債務整理」には「任意整理」「民事再生」「特定調停」「自己破産」があり、債務者の事情や状況(借金・資産・収入内容ほか)に応じ、一番返済が可能な方法を選びます。例えば「任意整理」は債務者と債権者(裁判所は介さず)と話し合いで、利息や借金の返済方法、金額を見直すもの。「民事再生(個人再生手続き)」は裁判所に申し立てを行い、一般的に住宅ローン以外の借金総額(五千万円以下)の一部を原則3年間で返済。ただし、継続的に一定収入が見込めるといった条件が付きます。

「特定調停」は簡易裁判所の下、調停委員会が和解協議を行い、確定した債務を3年間(最長5年)を目標に返済計画を立てます。最後に、どうしても返済が不可能になった場合にとられる救済措置が「自己破産」です。これは地方裁判所に申し立てをし、債務者の資産全体を債権者(貸し主)に分配、残った借金は全額免除する方法です。

こんな弁護士、法律の専門家は危険

「債務整理」を依頼する際、こんな弁護士や法律の専門家には注意が必要です。

  • 気さくで相談はしやすいが、無駄話が多い
    →ただの時間をつぶし。
  • 何を質問、相談しても「大丈夫」と答える
    →わからない、できないことをはっきり言わない。無責任。
  • 連絡がとれない。部下や事務員に任せっきり
    →「この程度の案件はやる気がない」という態度の表れ。
  • 費用が安すぎる
    →着手金が安くても、あとから請求されることもあるので、適性料金以下のところには注意。

債務者自身も前向きに協力して有利な展開

一度依頼したら、弁護士や専門家などに任せっきりにするのも構いませんが、契約書、内容証明郵便、通帳など、案件に関係ありそうな書類は幅広く持参するなど、できる限り協力するようにしたいものです。また、打ち合わせの際は、きちんとメモを取っておくことをおすすめします。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る