多重債務を解決する4つの方法

事務所検索(事務所名/地域)

多重債務を解決する4つの方法

多重債務を解決する4つの方法

多重債務を解消するために、知っておきたい4つの方法

「多重債務」とは、簡単にいうと複数のクレジット会社、金融業者などから借金をしている状態をいいます。付け加えるとしたら「個人の返済能力を超えた借金」を抱えている状況で、この「多重債務」を解消するには、「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」という4つの方法があります。

債務状況に即した返済方法を選ぶ

債務者は、自身の事情や状況(借金内容、資産内容、収入内容)に応じ、「任意整理」「民事再生」「特定調停」「自己破産」から最適な方法を選びます。まず「任意整理」は債務者と債権者が話し合い(裁判所は通さない)、利息や返済方法、金額などを見直す方法です。今の返済方法では併催が難しくても、決まった収入があり、できる限り返済していきたいといる債権者に適しています。

「家は手元に置きたい」「自己破産はしたくない」債務者には、「民事再生(個人再生手続き)」がおすすめです。これは裁判所に申し立てを行い、通常、住宅ローン以外の借金総額の一部を原則3年間で返済していきます(住宅ローン以外の借金が5千万円以下であること、継続的な一定収入が見込めることなどの条件あり)。

「自己破産」は最後の手段。多重債務に陥る前に法律の専門家に相談を。

一定の返済が可能であれば、「特定調停」が適しています。これは簡易裁判所の下、調停委員会が当事者と和解協議を行い、確定した債務に対して3年間(最長5年)を目処にした返済計画を立てるもの。債務者はここで決まった計画に従い、お金を返していきます。

返済不能な債務を抱えた人の救済措置である。「自己破産」は地方裁判所に申し立てを行い、債務者の資産(保険の解約、不動産や車の売却、支払い見込みの退職金の一部組み入れほか)を債権者に分配。残る借金は全額免除にします。

これらの手続きは個人でも可能ですが、より有利な条件で交渉を進めるなら、専門の弁護士や司法書士に依頼するのが絶対におすすめです。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る