多重債務の解決にかかる費用はいくら?

事務所検索(事務所名/地域)

多重債務の解決にかかる費用はいくら?

多重債務の解決にかかる費用はいくら?

「多重債務」を法的に解決するにはいくらかかる?

多重債務を抱え、自分で何とか対処しようとする人は少なくないでしょう。理由は「家族に知られたくない、心配を掛けたくない」が多いそうですが、やはり「法律の専門家に頼むと費用がかかる」という認識があることは否めません。多重債務を含む債務整理において、債務者が自分で法的な手続きをとることは可能です。ただ、相手=債権者のほとんどは会社組織ですから、個人交渉し、有利な条件を引き出すのはかなり難しいといえます。

そのため、結局「法律の専門家に依頼した方がよかった」という声も多く耳にします。法律事務所に依頼すると費用はかかりますが、最終的には借金が減額される、過払い金が戻ってくるなど債務者にメリットが生じ、精神的にも時間的にも負担が軽くなるのです。

相談したいけど、これ以上の負担は無理

弁護士、司法書士依頼にかかる費用は、基本的に「相談料」「着手金」「成功報酬」「減額報酬」「日当」などで、個人や事務所によってそれぞれ違います。なお、「着手金」は一度支払うと、依頼を取り下げても返金されません。また裁判になると別途請求が発生するケースもあります。多重債務の場合は件数(債権者)に応じて、先述の費用がかかると考えてください。

ただし、「相談料は無料」「減額報酬はとらない」という事務所もあります。また費用を全額一括で払えない場合は、分割払いも可能です。このような点は、問い合わせの段階で確認しておくといいでしょう。

最初にきちんと相談して、費用をはっきりさせておく

法律事務所との費用トラブルの多くは「最初の金額と違う」というものです。これを解消するには、事務所側の詳細説明はもちろん、債務者側も遠慮せずに「最終的にどれだけ費用がかかるのか」など、疑問点を聞いておくことをおすすめします。これをきちんと提示してくれる事務所なら、安心して任せられるといえるでしょう。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る