債務整理の際に身につけておきたい減額報酬の知識

事務所検索(事務所名/地域)

債務整理の際に身につけておきたい減額報酬の知識

債務整理の際に身につけておきたい減額報酬の知識

「債務整理」の費用には、どのようなものがあるの?

法律の専門家に債務整理をお願いする場合、払う費用は法律事務所によってまちまちです。主なものとしては「相談料」「着手金(受任後生じる費用)」「固定報酬(受任1社あたりにかかる費用)」などがあげられます。また過払い金回収などを依頼すると「取戻(成功)報酬」、弁護士が裁判所に出廷すると「訴訟日当」を請求される場合もあります。

「思ったより費用がかかりそうだな」と思われるかもしれませんが、債務整理を円滑かつ有利にすすめるためには、やはり専門家を介したほうが安心だといえます。ただし、費用の中には必ずしも発生しない、つまり法律事務所によっては無料になるものもあるのです。

「減額報酬」を提示する事務所としない事務所

債務整理費用のひとつ「減額報酬」とは、減額された借金(金額)に対し、法律事務所や法律専門家が依頼者に請求する報酬のことをいいます。報酬額は事務所によって異なりますが、おおよそ減額金の10%前後。例えば、5社から500万円借り入れた人が、法律事務所で任意整理したとします。その結果、500万円の借金は0になりました。この人が法律事務所に払う金額は、任意整理費用が1社3万円だとしたら、任意整理費用は3×5=15万円。減額報酬が10%とすると、500×10%=50万円。費用の合計は65万円となります。
とはいえ、減額報酬は必ず請求されるものではなく、設けていない法律事務所も少なくありません。

法律専門家への依頼時には「減額報酬」の有無以外も確かめて

「減額報酬」が提示されていたとしても、相談料や着手金などが無料であれば、費用総額は減額報酬無料の事務所と変わらないということもあります。
つまり、相談に行った際は、減額報酬の有無のみならず、どのような費用が発生するのか聞くようにしてください。きちんと説明してくれる事務所がおすすめです。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る