離婚した場合、多重債務の借金も財産分与することになるの?

事務所検索(事務所名/地域)

離婚した場合、多重債務の借金も財産分与することになるの?

費用が気になって弁護士に債務整理を躊躇しているあなたに!

離婚をきめた矢先、相手の多重債務が発覚

ようやく離婚が成立したと思ったのも束の間、相手が多重債務を負っていたことが発覚したという話は少なくありません。また、多重債務が原因でパートナーに愛想を尽かし、離婚を決意する人も多いといいます。

あちら側の不祥事が原因で離婚するわけですから、「あとはもらえるものだけもらって、さっさと別れてしまえばいい」と思われるかもしれません。しかし、財産分与の対象になるのは「共有財産」だけでないのです。

共有財産だけでなく、債務も財産分与の対象になる

離婚に際しての財産分与とは、結婚期間中に夫婦で築いてきた財産を、それぞれの貢献度に応じて分配することをいい、その性質の違いにより、「清算的財産分与(婚姻中に形成した財産の清算)」「扶養的財産分与(元配偶者の扶養)」「慰謝料的財産分与(相手に対して精神的苦痛を与えたことなどに対する慰謝料)」の3種類に分類されています。

最も多く行われるのが「清算的財産分与」ですが、ここでいう財産とは、婚姻期間中に夫婦のどちらかが稼いだお金(現金・預貯金)、購入物(家具、電化製品ほか)といった「共有財産」を指します。婚姻以前からあった財産(貯金、家財など)は「特有財産」となり、財産分与の対象には含まれません。

ここで気をつけたいのが、住宅ローンや自動車ローンなど、婚姻中の「債務」も財産分与に含まれるということです。財産が債務よりも多い場合は、財産から債務をひいた残額を分配します。

債務の財産分与は法律の専門家に相談を

ただし、例えば夫が勝手に多重債務に陥り、その用途が遊興費にあてがわれたケースなどは、「夫婦別産制(結婚する前からすでに持っていた財産、結婚してからどちらかの名義で得た財産)」が適応され、妻は責任を負いません。

財産分与については難しい問題が山積します。ですから法律の専門家に相談し、円滑な解決に導いてもらうことが大事です。

【借金・過払い金】トピックス一覧

ページトップへ戻る