ネットでもできる税金の支払い方法

納税というと、税務署や金融機関へ出かけて行って支払わなければならないものと思っていませんか? 最近ではネットからも納税ができるようになり、うまく活用して行くことで作業を効率化することができます。

知っていた?ネット納付の仕組み

法人でも個人でもインターネットがつながる環境であれば、基本的にネットで税金を納付することができます。ネットで税金を納付することで、緊張しながら税額を納付書に記載したり、税理士に記載してもらった納付書を郵送で送られてくるのを待っていたり、月末の忙しい時期に金融機関にわざわざ出向き長時間待たされたりするような無駄な作業や時間が削減されます。

ネットで納付する方法は、「ダイレクト納付」と「インターネットバンキング等による電子納税」の2つがあります。ここでは、「ダイレクト納付」について解説します。

まず、税務署に対して、e-Taxの利用開始の手続きを行っていなければなりません。あわせて、「国税ダイレクト方式電子納税依頼書兼国税ダイレクト方式電子納税届出書」に金融機関の口座番号などの必要事項を記載し、捺印して所轄の税務署に郵送します。この一連の手続きを行うと、税務署からメールで「ダイレクト納付口座の手続完了に関するお知らせ」が届き、無事に完了となります。

ダイレクト納付のやりかた

ダイレクト納付とは、e-Taxを利用して電子申告等又は納付情報登録をした後に、届出をした預貯金口座からの振替により、簡単なクリック操作で即時又は期日を指定して納付することが可能です。

例えば、毎月の源泉所得税の納付ですが、e-Taxのソフト上で、所得税徴収高計算書を作成します。入力した税金等の項目を確認し、ネットで送信します。送信した後直ぐに、メッセージボックスに受信通知が届きます。今度は、その受信通知をクリックして開きます。そこには2つの項目があります。「今すぐに納付される方」又は「納付日を指定される方」の項目です。「今すぐに納付される方」をクリックされた方は、自ら届け出た金融機関の口座から税金が振替えられ、納付が完了します。一方で、「納付日を指定される方」をクリックされた方は、振替が行われる日を入力することで手続きが完了し、その指定した日が訪れると税金が振替えられます。

もちろん、そのほかの税目(法人税、地方法人税、消費税及地方消費税、申告所得税、贈与税、酒税、印紙税、源泉所得税及復興特別所得税、申告所得税及復興特別所得税、復興特別法人税)もダイレクト納付することが可能です。

まとめ

ダイレクト納付を活用すれば、税金の納付がネットで行われ、納付書を記載する手間や銀行に行く時間が削減でき非常に効率的です。このダイレクト納付のほかにもインターネットバンキング等による電子納税や振替納税を使った便利なものもあります。

国税庁もこのe-Taxに力を入れており、ネットの活用により、税金面での手続きが手間暇かけずに行うことができるのです。

文:松本恒(税理士)

参考:
ダイレクト納付による納税手続|e-Tax

関連記事