年末はボールペンを多めに購入して節税しよう

ボールペンやノート、お茶などの消耗品。これらは一定の条件を満たせば必要経費として処理できます。年末に多めに購入をして節税できる仕組みとは?

消耗品ってどんなものがある?

オフィスには消耗品がいっぱいあります。事務用品(ボールペン、コピー用紙)、作業用消耗品(作業服、安全靴)、包装材料(包装紙、ひも)、広告宣伝用印刷物(パンフレット、ポスター)、見本品などが該当します。消耗品とは、一回限りの使い切りのもの、使っていくうちに減っていくもの、という感覚でよいでしょう。

ただし、製品の製造などのために使われる製品梱包用の梱包財、発泡スチロールなどは消耗品とはなりません。製造原価として扱います。

常日頃から「経費削減だ」「適正在庫だ」といって、モノを大切に使っているのに、なぜ多めに買うことが節税方法になるのでしょう。それは、消耗品の経費計上のちょっとしたルールと関係しているのです。

一定条件を満たせば必要経費になる

消耗品は、消費した年に経費とすることが原則です。買ったときではなく、使ったときです。買ったけどまだ使ってないものは経費にならないのです。厳密にいうと、年末や期末に未使用がある場合は、たな卸しを行い、在庫は「貯蔵品」になります。でも、期末に未使用のボールペン何本、コピー用紙何枚、トイレットペーパー何個、なんてやってられませんよね。
そこで、次の3つの要件を満たせば、購入した分をすべて経費とすることができます。

  • 毎年おおむね一定数量を購入するものであること
  • 毎年経常的に消費するものであること
  • 毎年継続して購入した年に経費としていること

ポイントは、いつも使っているものを、いつもと同じ量くらい、毎年このやり方で、とういうことです。そんなの当たり前? でも意外と波があるものですよ。

例外をひとつご紹介します。あまり頻繁に買うものではありませんが、非常用食料品についてです。災害に備え、会社でも長期備蓄用の非常用食料品を購入していることでしょう。しかし、これらは買ってもすぐには食べませんよね。(それじゃ意味ない!)繰り返し使うものでもありません。では、貯蔵品としてとっておいて、災害が発生して、出番があったときに経費にするのでしょうか? そんなことはありません。これは消耗品として扱ってよいことになっています。なぜなら「備蓄することをもって事業の用に供した」、つまり事業のために使われた、と解釈されるからです。ですから購入したときに全部消耗品費として費用に計上して差し支えありません。

年末に購入すれば節税になる仕組み

年末や期末になって、思ったより利益が出たとき、または、まとめて注文するとお得になるときなど、上記の条件を満たすような消耗品なら購入を検討しましょう。経費が増えれば、課税される金額は小さくなり、その分、節税できます。どうせすぐに使うものですし、パンフレットなど、来期の売上につながるものです。小さな節税方法ですが、項目はたくさんあるはず。でも、「節税になるなら金額分使ってしまおう」と、収納場所も考えず買い込むのは周囲の迷惑になりますのでご注意を。

まとめ

ボールペンやノート、お茶などの消耗品。これらは一定の条件を満たせばストック分も経費として処理できます。消耗品を買うことがお得な節税方法になります。でも、無計画に買い込んでは、節税どころか無駄使いに。年末ぎりぎりになる前に在庫を確認して、賢く買い置きしておきましょう。

関連記事