住民税の納税は、分割と一括のどちらの支払い方法がお得なの?

所得税と並んで毎年課税される住民税。最近では、ふるさと納税などとも絡めて話題になることが増えてきました。計算に関する簡単な仕組みから納税方法の基礎までおさらいしていきましょう。

今年の儲けで来年の税額が決まる

住民税は、6月~翌年5月で区切られています。住民税について最初に知っておきたいのはこの仕組みです。

  • 今年の所得に応じて来年の住民税額が決まる。
  • サラリーマンの場合には年末調整で確定することが多く、個人事業者の場合には所得税の確定申告によって確定する。

この仕組みをよく知らないまま過ごしてしまい、苦労をすることがあります。わかりやすいのが退職です。年の途中までサラリーマンとしてバリバリ仕事をしていたが退職をした。翌年、給与もなく所得(儲け)は大きく下がったにもかかわらず、前の年にバリバリ働いていたので今年の住民税はすごく高い。しかし、今はそんなに儲けもなくて……、ということがよくあります。

退職をして独立開業を予定しているような場合には、翌年の住民税についてもしっかりと把握した状態で行動をしたいですね。

天引きか、自分で払うか

住民税の納税方法は2つあります。普通徴収と特別徴収です。

特別なのに原則とはこれいかに

2つの方法は、簡単にいうと次のような違いがあります。

  • 普通徴収

納税者本人のところに納付書が届く。自分で銀行に行って納付をしたり、預金口座から引き落としの手続きをする必要がある。

  • 特別徴収

毎月のお給料から天引きされる。サラリーマンが対象。給料から天引きされるので、自分で何かをする必要はない。

サラリーマンについては、これまで手続きをすれば、普通徴収を選ぶこともできていました。しかし最近では、特別徴収の徹底がされています。マイナンバー制度の開始もあり、徴税についても漏れなく徹底させていくことが求められているためです。

自分で納税をする普通徴収よりも、給料から天引きされる特別徴収のほうが漏れの少ない方法として役所からは信頼されているのですね。

普通徴収の手続き

普通徴収では、支払いについて分割と一括の2種類から選べます。

  • 分割:4回に分けて納税。6月末、8月末、10月末、翌年1月末に納税
  • 一括:6月末に1回で納税

以前は、一括納税をすると、少し割引されるようなこともありましたが、最近ではそういうこともなくなりました。したがって、一括納税をしたほうが得ということは特にありません。分割か一括かについては、個人的な好みで決めるのがよいかと思います。

現預金以外の支払い方法

住民税の支払い方法そのものではありませんが、最近では電子マネーやクレジットカードを利用できることがあります。上手く使えば、ポイントが付けられるなどの特典を受けられる可能性があります。

ただし、税金の支払いにこれらの手段を利用する場合には、事前に手続きが必要な場合が多いようです。「コンビニでの支払いを希望します」といった手続きを済ませてから、お店の窓口へ行きましょう。

まとめ

住民税は1年前の儲けを基にして税額が計算されますので、退職をしたときには注意が必要です。また、支払いは、自分で払う方法と給与から天引きされる方法がありますが、サラリーマンについては給与からの天引きが徹底されるようになってきました。自分で支払う場合、一括でも分割でも損得はありませんが、現預金以外での支払い方法を選ぶことで、ポイントなどで得をすることもあります。

文:高橋昌也(税理士)

関連記事