いま話題のFinTech(フィンテック)って何?

少し前から一部でFinTech(フィンテック)という言葉が話題になっています。本記事では、金融と技術が融合して生まれた新しいサービスであるフィンテックについて紹介します。

金融とテクノロジーの掛け合わせで広がる可能性

フィンテック(FinTech)とは、ファイナンス(Finance)とテクノロジー(Technology)を組み合わせた造語で、ITを活用した金融サービスのことです。一昔前は金融工学とも呼ばれていました。ここ数年は、単にサービスだけではなく、そうした動きそのものも含めて称しているようです。

その代表的なサービスが、今となっては当たり前となったネットバンクやオンライントレードです。ネットバンクの普及によって、以前は金融機関の窓口やATMに行かなければできなかった振込や残高確認などが、PCやスマホで楽々と処理できるようになりました。

それだけではありません。オンライントレードでは手数料の引き下げも起こっています。株式投資などの投資活動は、以前は証券会社の担当者に電話で連絡して売買をしていたため、その手数料はかなり高額なものでした。しかし、ネット決済が可能となったことで、売買手数料は大きく引き下げられたのです。

このように、既存の金融サービスに新しい技術が加わったことで、同じサービスをより安価に、しかも手軽に受けられるようになりました。インターネットのような新しい技術が誕生したときには、このような例がたくさん現れます。

異分野からの参入者が増えてきた

金融の機能というのは、簡単にいえばお金の流通です。これまでは金融機関の専売特許だったわけですが、ITを活用した異業種からの参入が増えてきました。

  • 通販サイトによる融資事業

ネットモールを運営する企業が、出店する事業者に対して融資事業を始めました。結果、その事業者がどれくらいの売買をしているのか、下手をすればその事業者以上に把握することが可能となりました。なにせ自分の庭先で商売をしているのですから、かなりの部分を正しく把握することができます。つまり与信判断について高い精度で、しかも非常に早く行うことが可能なのです。

  • スマホでのカード決済

こちらも数年前から利用が進んでいます。従来の高額だった専用端末ではなく、スマホのイヤホンジャックに挿すだけでクレジットカードの決済ができます。端末代金を安くし、サービスを簡素化することで、低い手数料での決済が可能となりました。

  • ブロックチェーン機能と仮想通貨

少し前にビットコインという通貨が話題になりました。その根幹となっているのが「ブロックチェーン」というシステムです。ブロックチェーンとは、ものすごく簡単にいうと「世界中にあるPCがみんなで協力し合いながらセキュリティを高めていく」という仕組みです。各国の中央銀行が信頼性を担保して通貨を供給する、という既存の経済システムを根底から覆す可能性すらある技術ということで、現在非常に注目が集まっています。

よく見ると、サービスやシステム自体は以前からあるものばかりですが、新しい技術がその利便性を大きく変えつつあります。

フィンテックのデメリットとは?

いろいろと便利な点も多いフィンテックですが、利用するには注意も必要です。

情報の保守は自己責任

例えば、今、手元にあるスマホをどこかに落としてしまったと想像してみてください。一体どれくらいの情報が漏洩し、どれだけの人に迷惑がかかるでしょうか? システムとしてどれだけ堅牢なものが構築されていても、それを利用する人間の意識が低ければ話になりません。SNSの利用なども含め、各種サービスの利用に当たっては高度な情報保守の意識が必要です。

費用が安いとは限らない

上で紹介したネットモールによる融資ですが、利率は10%程度と、通常の銀行融資などよりも高めに設定されています。これは、少額、小口、迅速性といった特徴を活かすためです。ですので、場合によっては、既存の銀行融資などをそのまま活用したほうが有利なこともあります。

新しいものが必ずしも優れているとは限らない、というのは世の常ではあります。自社の事業との親和性などを考慮し、使えそうなものを拾っていくという姿勢が大切です。

ところで、フィンテックという言葉は、ひょっとしたら1年後くらいにはもう使われなくなっているかもしれない、という指摘もあります。ただし、今後も新しい技術と既存のサービスが結びついて、新しい業態が生まれてくることは容易に想像ができます。フィンテックという単語に惑わされることなく、そのサービスの実態を理解し、上手に活用していくようにしましょう。

まとめ

フィンテックとは、ネットバンクやオンライントレードのように、金融と技術が融合して生まれた新しいサービスのことです。これまでにあったサービスに新しい技術が加わることで、さまざまな形のサービスが生まれてきています。利便性も高いですが、利用に当たっては使う側の人間が高度な情報保守意識を持つことが大切です。自社事業との親和性を考慮し、使えるものは活用をしていきましょう。

文:高橋昌也(税理士)

参考:「特集FinTech(フィンテック)の正体」『週刊ダイヤモンド 2016年3月12日号』ダイヤモンド社、2016年

関連記事