年に一度の年末調整。過不足額精算の仕訳はどうなる?

年末調整では、所得税額が多かった場合には還付金を、不足していた場合には追加徴収しますが、これらはどのように仕訳すればいいのでしょうか?

源泉所得税の処理方法

1年間の源泉徴収税額とその年の納付すべき税額との過不足額を調整し、精算する手続きが年末調整です。

毎月お給料から所得税が天引きされていますよね? このときに引かれている所得税は、年初または前年末に会社に提出した「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」の記載内容と、各人の給与等の金額によって決まります。

毎月引かれてはいるものの、これはあくまで概算額。そのため、1年の終わりに正確な税額を計算し、天引きされた所得税の合計額と比べて多かったら還付する、少なかったら追加で徴収するということになります。

通常、12月または1月の給与支払い時に調整済みの金額が給与受取口座に振り込まれます。会社によっては、差額だけ別途振り込みにする場合もあるようです。

会社としては、精算後の金額を納付することになりますが、この月だけは毎月の納付額とかなり違った金額になります。

年末調整の還付金・追加徴収の仕訳

では、この年末調整は仕訳にするとどうなるのでしょうか?

毎月の仕訳

給料の合計300万円、源泉徴収税額7万円(社会保険料等は考慮しないものとします)の場合、次のようになります。なお、源泉徴収税額は預り金勘定で処理し、12月に精算するものとします。

①給料支払い時

給料 3,000,000/現預金 2,930,000(〇月分給料)

         /預り金   70,000(〇月分給料源泉徴収税額)

②源泉所得税納付時(翌月10日)

預り金 70,000/現預金  70,000(〇月分源泉所得税額納付)

年末調整で超過額がある(預かった源泉徴収税額が多かった)場合の仕訳

年末調整で計算した結果、還付金3万円となりました。この場合、次のようになります。

①給料支払い時

給料 3,000,000/現預金 2,930,000(12月分給料)

           /預り金   70,000(12月分給料源泉所得税)

預り金  30,000/現預金  30,000(年末調整超過額)

②源泉所得税納付時

預り金 40,000/現預金   40,000(12月分源泉所得税納付・年末調整超過額控除)

税務署には、毎月の支払額から還付額を差し引いた金額を納付します。

年末調整で不足額がある(預かった源泉徴収税額では足りなかった)場合の仕訳

年末調整で計算した結果、追加徴収2万円となりました。この場合、次のようになります。

①給料支払い時

給料 3,000,000/現預金 2,910,000(12月分給料)

        /預り金   70,000(12月分給料源泉所得税)

        /預り金   20,000(年末調整不足額)

②源泉所得税納付時

預り金  90,000/現預金     90,000(12月分源泉所得税納付・年末調整不足額追加)

税務署には、毎月の支払額に追加徴収した金額を合わせた金額を納付します。

預り金と現預金は仕訳をまとめても構いませんが、別々のほうが分かりやすいでしょう。要は、毎月の金額に過不足額を加減した金額を納付すればよいのです。

毎月の源泉徴収税額より還付金額(超過額)が大きいときは、納付金額は0円。帳簿上精算しきれなかった還付未済額は翌月以降の預り金より精算します。この場合は年末調整超過額により納付が0円になった納付書を作成し、税務署に提出します。0円の納付書って変な気もしますが、明細が分からないと納付漏れと勘違いされますから、忘れずに提出しましょう。

まとめ

サラリーマンにとって、年末調整で還付金を受け取るとちょっと得した気分になりますが、追加徴収されると仕方ないとはいえ気が滅入りますよね。年末調整作業は個人の年税額を確定させる作業ですから、慎重に執り行わなくてはなりません。

年末調整作業は年に1回。毎年やっている人ならまだしも、はじめての人は戸惑う部分も多いことでしょう。

仕訳自体はパターンが決まっているので難しくありませんが、毎年超過額だったのが今年に限って不足額になると心配になりますよね。きちんと事態を確認し、原因を把握しましょう。年の中途で扶養親族の異動や給与・賞与の大幅な変動などがありませんでしたか? 集計結果と帳簿の残高は合っていますか? 給与の源泉徴収税額は社員からの預り金、会社のお金ではありません。正しく計算されているか、よく確認しましょう。

文:川﨑由紀子(税理士)

参考:

  • 国税庁|税について調べる|タックスアンサー|源泉所得税|年末調整|No.2662 年末調整のしかた
  • 国税庁|税について調べる|パンフレット・手引き|平成28年分 年末調整のしかた

関連記事