名義が違えば大丈夫?子ども名義の預金は相続財産になる?

親が子ども名義で500万円の定期預金を積み立てていました。この預金、名義は子どものものなので、相続税の計算に含めなくてもいいのですよね?

子ども名義の預金は「名義預金」

子ども名義で預金していても、まだ小さいから、あるいは勝手に使うといけないからと、通帳や印鑑を親が管理していては、実質的に親のものと同じです。相続発生の際は相続財産となります。

そもそも、その預金の原資(資金源)は誰が稼いだお金なのか、と考えれば納得できますよね。もし、子どもにあげた、贈与したとするならば、贈与の証拠が必要です。専業主婦の妻が家計をやりくりして妻名義で貯めたへそくりも同じです。形式的な名義ではなく、実質的に判断されるのです。

名義預金はどうやって見分けるか

名義預金と判定されるポイントは大きく下記の4つです。

  1. 資金の出どころ

    親の収入の一部を預金していた。親が昔から持っていた預金の残高を移した。このような場合は、資金の出どころは親ですよね。また、子どもに収入がない場合も、当然ほかの誰かが資金を出しているはずです。

  2. 通帳・印鑑の保管・管理

    通帳や印鑑を親が保管・管理していれば、子どもは自由に使えません。また、印鑑が親のものと同じならば、まさに実質的な所有者といっているようなものです。

  3. 口座の運用状況

    仮に、子どもに通帳や印鑑を渡していても、勝手に使ってはいけないと指示し、口座の運用を支配していたのならば、これも子どものものとはいえません。

  4. 贈与の有無

    この預金は子どもにあげたもの、子どもの名義にした時点で贈与した、と考えたくなるかもしれません。しかし、贈与はあげた、もらった、の意思表示が合致していなくては成立しません。子どもに黙って積み立てていては、ダメですね。贈与とするならば、贈与契約書や贈与税の申告など贈与であった証拠を残しておくべきです。

税務署は名義預金を調べるか?

黙っていれば分からない? いいえ、税務署は金融機関に対して照会する権限を持っています。相続に関係する人の周辺全部の預金が見られていると考えてもよいかもしれません。皆さんより分かっているといえるでしょう。

相続税の税務調査で、申告漏れ相続財産で最も多いものは現金・預貯金です。これには、名義預金と認定された預貯金が相当含まれていると思われます。「名義が違うから大丈夫」は通用しないのです。預金口座は過去の残高が追えますから、家族間での口座の動きは一目瞭然。言い逃れはできません。

まとめ

名義預金に要注意! はすでに皆さんご存じのとおり。それでも、昔のことだと記憶が薄れ、相続人すらその存在を忘れている名義預金が税務調査で発覚することはしばしばあります。純粋に気がつかなくて申告漏れしたのならば、素直に修正申告して税額を払えばよいだけのこと。税引き後の財産はもらえるのですから見つけてくれてありがとう、ですよね。

一般的には、自分名義の預金口座は当然に自分のものと思って、亡くなった人の相続財産として申告していなかったところ、名義預金と認定され、修正申告や追徴課税でもめるパターンです。これは株式でも同じことが考えられます。まとまった金額の預金であれば、追徴税額も大きくなります。実質的にどうなのかという視点で見直してみることをお勧めします。

文:川﨑由紀子(税理士)

参考:

  • 国税庁|税について調べる|パンフレット・手引き|相続税・贈与税・事業承継税制関連情報|相続税の仕組みの分かりやすい解説「相続税のあらまし」(平成27年分以降用)(PDF)
  • 国税庁|税について調べる|パンフレット・手引き|相続税・贈与税・事業承継税制関連情報|相続税の申告書作成時の誤りやすい事例集(平成28年分用)事例⑥被相続人以外の名義の財産(預貯金)(PDF)

関連記事