自分で申告、大丈夫?税理士に相談してみよう!

個人事業主をしている人のなかには、自分で申告をしている人もいれば、税理士に依頼している人もいます。今回は改めて「税理士に頼めること」を確認していきましょう。

自分で申告作業をしていて大丈夫なのか?

会計ソフトが一般的になったこともあり、自分で経理処理をして申告まで行っている人も珍しいことではなくなってきました。そうなると、わざわざ税理士に依頼する必要なんてないのでは、と疑問に思うことも。しかし、実際にはこんなことが起こっているかもしれません。

  • 形だけは整っているが……

会計ソフトを使うと、確かに見かけ上はしっかりとした会計帳簿と申告資料が完成します。ところが、その中身について精査をしていくと、いろいろと問題が発見されることは珍しくありません。例えば、現金残高がマイナスになっている、本来は固定資産にすべきものがなっていない、経費として計上してはいけないものが経費処理されている……。こんな例がたくさんあります。正しい会計処理を行うためには、やはり体系だった会計や税務に関する知識が必要不可欠です。

  • 税法の改正についていけていない

決算や申告はとりあえずできているが、実は受けられる特例についていろいろと逃していることも少なくありません。税法は年々新しい改正が加わるため、定期的に学習しないと、どんどん情報が古くなってしまいます。受けられる特例を逃している場合もあれば、逆に意図せず税金逃れのようなことになってしまっていることもあります。

  • 申告書を提出するためだけに会計帳簿をつけている

健全で継続性のある事業を展開するためには、自分の事業がどのような状態にあるのかを定期的に確認する必要があります。そのために有用なのが会計帳簿です。しかし、自分で会計帳簿をつけていると、申告に間に合わせることで手一杯になってしまい、その内容まで気が回らないことがよくあります。そもそも会計帳簿を読み込むにあたって必要な知識が欠けていることも多く、「作れてはいるが、使えていない」という人も少なからずいます。

これらすべての課題に対して、個人事業主が自身だけで対応するのはとても難しいでしょう。そのために必要な力を貸してくれるのが税理士です。

税理士に頼めること

税理士は、個人事業主にとって総合相談窓口のような役割を果たします。

  • 税務や会計に関する相談

これが一番の主目的であることは間違いありません。適切な申告と会計処理について相談をすることで、税務上のリスクを回避し、事務作業の効率化を図ることができます。会計処理そのものについて代行を依頼することも多いです。

  • 経営相談

上記でも紹介した「会計帳簿を使う」段階でのお話です。でき上がった会計帳簿を活用し、現在の事業状況について確認するとともに、これからどういった方向に向かっていくのかを検討していきます。また、設備投資や人材雇用、融資に関する相談など、経営に関するさまざまな相談を税理士にしている人も多いです。

  • 他士業の紹介も

仕事を続けていると、税務や会計以外にもさまざまな課題にぶつかります。法律上の問題や社会保険など、その種類は実に多様です。そんなとき税理士に相談をすると、他分野に関する専門家を紹介してくれます。法律なら弁護士、登記関係なら司法書士や行政書士、社会保険なら社会保険労務士など、必要な専門家を指摘し、場合によっては協力関係にある人を紹介することもあります。

このように、税理士は事業全般に関わる交通整理を行っています。

規模や業種は問わない

よく聞かれるのが「税理士さんなんて、大きな会社じゃないと頼めないんでしょ?」というお話です。そんなことはありません。

  • 個人事業主でも税理士に依頼している人はたくさんいる

規模の大小や業種を問わず、税理士に依頼をしている個人事業主はたくさんいます。特にオススメなのはこれから開業をする人です。実は、開業時点できちんとした手続きを済ませることが、その後の事業展開に大きな影響を及ぼします。

  • 規模が大きくなってきてから頼む人も多い

開業してしばらく経過して、規模が大きくなったために自分では処理が追いつかなくなって税理士に依頼をする人もたくさんいます。一概に金額は決められませんが、年間売上が1,000万円を超えて、消費税の納税義務が関係してきたころに相談される人が多いようです。

  • 税務上のトラブルが生じたので……

税務調査が入ることになり、対応ができないので税理士に……という例も珍しくありません。問題が生じる前に依頼をしてくれていたら、ということも少なくありません。

税理士に依頼をするタイミングは人それぞれです。よくあるタイミングは、開業するとき、年間売上が1,000万円になって消費税が関わってきたとき、法人化を検討したいときなどです。とりあえず相談をするだけであれば無料でできることも多いので、気になったときにはまず相談をしてみるとよいでしょう。

また、大切なことは税理士との相性です。仕事を依頼するときには、できれば2~3人の税理士と面談し、自分と相性がよさそうな人を選びましょう。

まとめ

個人事業主にとって、税理士は税務や会計だけでなく、経営に関する全般的な相談ができる頼れる存在です。税理士は、事業の規模や業種を問わず、依頼をすることができます。また、相性がとても大切なので、できれば2~3人に会ってから仕事を依頼すべきでしょう。

文:高橋昌也(税理士)

関連記事