セルフメディケーション税制って、医療費控除とどう違うの?

スイッチOTC医薬品を年間12,000円以上購入すれば、新たに医療費控除の特例(=セルフメディケーション税制)を受けられることになりました。このセルフメディケーション税制とはどのような制度なのか、概要や適用要件、従来の医療費控除との違いについて専門家が解説します。今年からは、薬のレシートや健康診断の結果は必ず保管しておいたほうがよさそうです。

セルフメディケーション税制とは

ドラッグストアの棚に並ぶ薬の「税・控除対象」の小さな青いマークを見たことはありませんか? 平成29年からはじまったセルフメディケーション税制対象医薬品のマークです。

「セルフメディケーション」とは、世界保健機構(WHO)によると、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」とされています。定期的に健康診断を受け、症状が軽ければ市販薬を服用して自分で治す。日ごろから自分の健康状態を管理し、セフルケアに努めましょう、といったところです。もちろん、年々増加する医療費の適正化を図るのも狙いです。そんなセルフメディケーションの取り組みを推進する制度が新しい医療費控除の特例「セルフメディケーション税制」です。

具体的には、健康の保持増進ならびに疾病の予防への取り組みとして、定期健診や予防接種を受けている人が「スイッチOTC薬」を購入した場合には、一定の金額の所得控除(医療費控除)を受けることができるというものです。なお、これは平成29年1月1日から平成33年12月31日までの医療費控除の特例です。

「スイッチOTC薬」とは、これまで医師によって処方される医療用医薬品から、ドラッグストアで購入できるOTC医薬品に転用された医薬品のことです。OTC(Over The Counter)とは、処方箋なしでも薬局のカウンター越しで購入できるという意味です。

従来の医療費控除との違い

このセルフメディケーション税制は、1年間に購入したスイッチOTC薬の購入対価が12,000円を超えるときは、その超える部分の金額(上限88,000円)について、その年分の所得から控除することができます。従来の医療費控除は10万円(所得が200万円未満の場合は所得の5%)を超える金額(上限200万円)が控除額です。

1年間で医療費が10万円を超えることはあまりないかもしれませんが、この新しい特例は12,000円から適用されますのでぐっとハードルが下がります。

ただし、対象となるのは市販のセルフメディケーション税制対象医薬品の購入代金のみです。レシートに対象商品である旨が明記されているので、確認してみてください。現状のセルフメディケーション税制対象品目は厚生労働省のHPで確認することができます。

従来の医療費控除とセルフメディケーション税制、どちらを選ぶべき?

注意してほしいのは、セルフメディケーション税制と従来の医療費控除を同時に利用することはできないということです。どちらかを選択することになります。

たとえば、年間の医療費が13万円、そのうちスイッチOTC薬代が62,000円だったとします。セルフメディケーション税制を使えば控除額は5万円、従来の医療費控除では控除額は3万円になります。

また、年間の医療費が8万円、うちスイッチOTC薬の購入が42,000円だった場合は、従来の制度では医療費控除は適用外となりますが、セルフメディケーション税制を選べば3万円の控除が受けられます。

概ね1年間の医療費の10万円超の部分とスイッチOTC薬購入額の12,000円超の部分、大きいほうを選べばいいと考えると分かりやすいでしょう。

まとめ

これまでは、年間10万円以上も医療費を使わないからと、レシートや領収書をすぐに捨てていたあなた! とりあえず今年は、薬のレシートは保管しておきましょう。風邪薬、胃薬、目薬……。意外と薬を買っているのではないでしょうか? この制度はスイッチOTC薬、つまり市販薬が対象です。市販薬代だけで医療費控除が使えるのはかなりお手軽といえるでしょう。

なお、これは税金が軽くなる制度ですから、税金の負担があることが前提となります。そして、薬を購入しただけではだめです。健康診断や予防接種などのセルフケアをしていることを証明しなければなりません。確定申告をする人は、自分の健康診断の結果通知表や予防接種の領収書も意識して保管しておきましょう。

今年からの新制度、どこまで有効に使えるかチャレンジしてみてください。いつもの風邪薬がちょっぴり節税に貢献してくれるかもしれません。

文:川﨑由紀子(税理士)

参考:

  • セルフメディケーション税制(医療費控除の特例)について|厚生労働省
  • セルフメディケーション税制と従来の医療費控除との選択適用|国税庁

関連記事