遺産が不動産のみ!代償分割すると、税金はどうなる?

父の遺産は、兄も住んでいた土地・建物で、現金がほとんどありませんでした。兄は、そのまま住んでいたいということなので、兄が現金か、別に持っている土地のどちらかで代償分割することになったのですが、その場合税金はどうなるのでしょうか? 土地の評価額が高いため、わずかですが相続税も発生しました。

代償分割とは

そもそも、遺産の分割には、3つの方法があります。

まず、一番イメージしやすいのが「現物分割」。これは、遺産を現物のまま分割する方法です。現金、預貯金、株式、動産など、これは誰のものと分けられる場合に適しています。

次に「換価分割」。遺産をすべて換金し、それを分割する方法です。

そして今回取り上げる「代償分割」。これは、遺産の全部または一部を共同相続人のうちの1人または数人が取得し、その取得した人がほかの共同相続人に対して代償として金銭などを支払うもので、不動産のような現物分割が困難な場合に行われる方法です。

遺産の不動産を手放したくないけれど、ほかの財産とのバランスが悪くうまく分けられない場合は、代償分割は有効な手段です。

金銭で代償分割する場合の税金

今回のケースで、兄が手持ちの現金で代償分割相当を支払ったとしましょう。この場合、考え方は簡単です。相続でもらったものから払った分を差し引けばよいのです。相続税の計算では、取得した土地・建物の価額から、代償分割として支払った金額を差し引いた金額が相続税の課税対象額となります。

兄名義の土地で代償分割する場合の税金

ところが、兄が兄名義の土地を代償分割財産とすると、税金の心配が相続税だけでは済まなくなります。自分の所有していた不動産をほかの相続人に引き渡すということは、時価相当で譲渡したとみなされ、譲渡所得(所得税)が発生することになるからです。別に何も得していないのに所得税がかかるってどうして? と思いますよね。

これは、税金の不思議なところですが、時価で現金収入があったとイメージすると分かりやすいかもしれません。たとえば、以前に3,000万円で取得していた土地が時価4,000万円であるとします。これを代償財産とした場合、取得費3,000万円の土地を4,000万円で譲渡して4,000万円現金が手に入り、これをそのまま相手に交付した、と考えます。もともと3,000万円のものが4,000万円の価値になったのですから1,000万円得したことになりますね、これは税金の対象です! というような感じです。

釈然としないかもしれませんが、税務上はこのようにとらえられるのです。ですので、できれば代償財産は現金で用意したいものです。

まとめ

遺産が分けやすいものばかり、または、相続人が1人で分ける心配がない。このような相続なら分割でもめることはないでしょう。しかし、現実には分けにくい不動産が遺産の大部分を占め、分割をめぐりなかなか意見が一致しない相続は少なくありません。

ですので、遺産の不動産を取得したことにより自分の相続分より多くもらってしまったため、手持ちの財産を提供して精算する代償分割は、計算上、理にかなっているといえます。差額を調整してもらえば、誰も文句を言いませんよね。それに、取得する親族の要件によっては、最大80%減額の小規模宅地の特例が適用できるかもしれません。

しかし、ここで要注意! 代償分割するために自分の不動産や骨とう品などを提供した場合は、資産を譲渡したとみなされます。ですので、所得税と住民税の心配が出てくるかもしれません。何を代償財産として提供するかは、実はとても大きな問題で、慎重に検討する必要があります。

文:川﨑由紀子(税理士)

参考:

  • No.4173 代償分割が行われた場合の相続税の課税価格の計算|国税庁

関連記事